Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Motown

ソウルの歴史に君臨するヒッツビルUSA

ミラクルズ Bad Girl,
Miracles, 1959
モータウン創設者のBerry Gordy, Jr.(ベリー・ゴーディー・ジュニア)が音楽業界に足を踏み入れるきっかけになったのは、自ら経営していたジャズ系のレコード店“3-D Record Mart”だった。だが、店はうまく行かず、2年後の1955年には店をたたみ、生活のためフォードの自動車工場で働くことになった。それでも音楽を愛していたゴーディーは空き時間を利用して曲を作り、あらゆるコンテスト、音楽出版社、歌手へと作品を送り続けた。彼に訪れた最初の成功は、Jackie Wilson(ジャッキー・ウィルソン)が1957年にヒットを飛ばした“Reet Petite”。

その後も数作ヒットを出し続け、今度は自作をプロデュースするようにもなった。第一弾としてMark XからFive Stars(ファイブ・スターズ)の“Ooh Shucks”をリリース、続いて自ら発掘したWilliam "Smokey" Robinson(スモーキー・ロビンソン)率いるMiracles(ミラクルズ)の“Got A Job”、Eddie Holland(エディ・ホーランド)、Brian Holland(ブライアン・ホーランド)等のリリースを手掛け、後にモータウンで素晴らしい活躍をすることになるこの3人の音楽家と出会ったのだった。

ゴーディーは作品へのコントロールを完全掌握するため、1959年自らのレーベルTamla(タムラ)を設立した。レーベル名をDebbie Reynoldsの映画のタイトル“Tammy”にしたかったのだが、既に商標は取られており、Tamlaに落ち着いた。最初のリリースはMarv Johnson(マーヴ・ジョンソン)の“Come To Me”、そして同年にリリースした“You Got What It Takes”がポップチャートのトップ10入りした。

ミラクルズの3作目“Bad Girl”のリリースは、ゴーディーが次に作ったレーベル「モータウン」からであった。この作品もヒットとなり、モータウンは順調なスタートを切った。こうなると才能は向こうの方からやってくる。1960年まだ学生であったPrimettes(プライメッツ)というガールズグループがオーディションにきた。ゴーディーは彼女たちの才能をすぐに認めたが、彼女たちに卒業してからもう一度来いと伝えた。こうして翌1961年TamlaからデビューしたのがSupremes(シュプリームス)であった。

ゴーディー初のシングルポップチャート1位は、タレントショーで見つけたMarvelettes(マーヴェレッツ)が1961年に放った“Please Mr. Postman”だった。

アルバムのポップチャート1位は、オーディションにやってきたStevland Morris(スティーブランド・モリス)という盲目の少年によってもたらされた。ゴーディーは彼を見て「この少年はWonder(驚嘆)だ!」と叫び、これがそのまま彼の芸名となり、Little Stevie Wonder(リトル・スティービー・ワンダー)が誕生した。13才の時にライブ録音した“Fingertips, Part 2”がいきなりチャート1位へと駆け上がった。

Holland-Dozier-Holland(ホーランド=ドジャー=ホーランド)が初めて組んだのは、1963年にMartha & The Vandellas(マーサ・アンド・ザ・ヴァンデラス)の“Come And Get These Memories”の時で、“The Motown Sound”とクレジットされるようになった最初のレコードである。

モータウンを語る上で、スター以外にも需要な人達が存在する。それが彼らをバックで支えたFunk Brothers(ファンク・ブラザーズ)だ。60年代モータウンのレコーディングのほとんどに参加しており、彼らなくして“The Motown Sound”はあり得ない。

Supremes You Can't Hurry Love,
Suprems, 1966
デビューから6作続けて良い結果を得ることができなかったシュプリームスも、プロデューサーをホーランド=ドジャー=ホーランドに変えた途端に火がついた。心機一転の7作目が23位となり、1964年には5作連続1位というとんでもない記録を打ち立てた。これはBeatles(ビートルズ)、Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー)に次いで史上3位の記録となった。

1965年もモータウンの快進撃は止まらなかった。No. 1に5曲を送り、それ以外にもトップ10に6曲、そして前年に作った新たなレーベルSoul(ソウル)からJr. Walker And The All Stars(ジュニア・ウォーカー・アンド・ザ・オール・スターズ)の“Shotgun”がインスト曲でありながら同レーベル初のトップ10入りした。

こうして1960年代モータウンは、チャートに曲を送り続けたが、この第一期モータウン終演ともいえる出来事があった。1968年、成功の立て役者でもあるホーランド=ドジャー=ホーランドがこのレーベルを去ったのである。その後もモータウンは数多くのヒット曲をリリースし続けたが、60年代のプロデューサー優先のサウンドから、70年代のアーティスト重視の方向へと向かい、新たな局面に入っていった。





Heatwave - Martha & the Vandellas
関連アーティスト