Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Temptations / GETTIN’ READY

グループの運命を変えたソウル史に残る一枚

テンプテーションズ Gettin' Ready,
Temptations, 1966
アルバム“Gettin’ Ready”は、曲によって6人のプロデューサーが起用されているが、主にWilliam “Smokey” Robinson(ウイリアム・スモーキー・ロビンソン)とNorman Whitfield(ノーマン・ホィットフィールド)のふたりが仕切っているといってもほぼ間違いない。

Temptations(テンプテーションズ)にとっての2大ヒット曲が収録されている“Gettin’ Ready”。最も有名なのはスモーキー・ロビンソンが手がけた“Get Ready”だろう。もう一曲はノーマン・ホィットフィールドの“Ain’t Too Proud to Beg”。ともにR&Bチャート1位のパワフルな曲だが、この2曲がその後のテンプテーションズの運命を変えてしまう。

元々テンプテーションズは、スモーキー・ロビンソンがすべてのクリエイティブの決定権を握っており、“My Girl”をはじめとする数々のヒット曲を生み出してきたのは、彼の功績だ。このアルバムから最初にリリースされたシングルも“Get Ready”だった。

“Ain’t Too…”の出来に絶対の自信を持っていたホィットフィールドは、その決定に不満で、もし“Get Ready”がポップチャートで20位以内にランクインしなかったら、“Ain’t Too…”を次のシングルにする約束を会社に迫った。

“Get Ready”がリリースされると、一躍R&Bチャート1位の大ヒットになったものの、ポップチャートでは29位に終わった。ホィットフィールドにチャンスが巡ってきた。“Ain’t Too…”もR&Bチャートで1位になり、ポップチャートでは「ゲット・レディ」を上回る13位にまで上昇した。“Ain’t Too Proud to Beg”は、1974年にローリングストーンズにカバーされ、今ではストーンズのバージョンの方が有名かもしれない。

ヒット至上主義のMotown Records(モータウン)では、最大のヒット曲を持つプロデューサーが、そのグループのクリエイティブを取り仕切る掟があった。そのため“Gettin’ Ready”以降、メイン・プロデューサーの座には、当時はまだ若手のノーマン・ホィットフィールドが就くことになった。

この作品以降、彼の影響により、典型的なモータウン・サウンドだったテンプテーションズが「サイケデリック・ソウル」という新たなジャンルを切り開くことになる。ノーマン・ホィットフィールド自身も、独自のファンク・サウンドを開拓し、60年代後期から70年代を代表するスーパープロデューサーになった。

Producer: William “Smokey” Robinson, Norman Whitfield, Robert Staunton & Robert Walker, William “Mickey” Stevenson & Ivy Jo Hunter
1966年





Ain’t Too Proud to Beg - Temptations
関連アーティスト