Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Diana Ross / DIANA ROSS

スターはやはり凄いことを実感

ダイアナ・ロス Diana Ross, 1970
シュプリームスのリードシンガーとしてモータウンの大スターだったダイアナ・ロス。脱退後にリリースしたこのソロアルバム第1作目では、収録曲の“Ain’t No Mountain High Enough”がチャート第1位に輝き、順調な再スタートを切ることができた。この曲はマーヴィン・ゲイ&タミー・テレルのヴァージョンが有名だが、シュプリームス時代にテンプテーションズとの共演でダイアナ・ロスもカバーしていた曲。曲はアシュフォード&シンプソン夫婦によるもので、彼らはこのアルバムのプロデュースも手掛けている。他の曲もA4 “These Things Will Keep Loving You”以外は、この夫婦の作品であり、アシュフォード&シンプソン色が非常に強く出たアルバムである。特にヴァレリー・シンプソンのソロアルバム“Exposed”や“Valerie Simpson”と共通する部分が多いように感じる。これはもしかしたらダイアナ・ロスのヴォーカルスタイルにヴァレリーの方が影響を受けていたのかもしれない。それほど二人の作品はよく似ている。ヴァレリー・シンプソンには作家としての素晴らしい才能があったが、生まれ持ったスターとしての華においては、ダイアナ・ロスの比ではなかった。

その大スターが、シュプリームス時代の華やかさや、70年代後期以降の派手なイメージとは違い、このアルバムではひたすらメロウに歌うことに集中している。ソウルシンガーとして開花するダイアナ・ロスを堪能できる一枚。

Producer: Nickolas Ashford & Valerie Simpson
1970年






Ain’t No Mountain High Enough - Diana Ross
関連アーティスト