Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Tammi Terrell / IRRESISTIBLE

悲劇ばかりが語られる歌姫の最高にハッピーなモータウンサウンド

タミーテレル Irresistible,
Tammi Terrell, 1969
タミー・テレルについて語るときには、マーヴィン・ゲイの名前を外すわけにはいかない。ソウル史に残る男女デュオの傑作“Ain’t No Mountain High Enough”を始め、数々の名曲を残し、モータウン黄金期を二人で盛り上げた。ところが、脳腫瘍により24歳の若さで亡くなったため、ソロアルバムは生前この1枚しか残していない。

“Irresistible”がリリースされた1969年には、すでに病気が発覚していた(1967年、マーヴィン・ゲイとの公演中に、ステージ上で意識を失い病気が発覚)。厳密に言うと、この作品もオリジナル・アルバムではない。1965年から1968年の間に録音された作品を集めたものだからだ。それでも、この時期はモータウンの黄金期にも重なり、どの曲も素晴らしい出来ばかりだ。

明るくキュートなタミー・テレルは、モータウンのイメージにピッタリだった。彼女の華やかさが、どちらかというと暗い性格のマーヴィン・ゲイにもいい影響を与えていたといわれている。タミー・テレルが、もし生きていれば、間違いなくダイアナ・ロスに匹敵するようなモータウンを代表する大スターになってだろう。

Producer: Fuqua & Bristol
1969年





What A Good Man He Is - Tammi Terrell
関連アーティスト