Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Johnny Bristol / HANG ON IN THERE BABY

職人による極上大人ソウル

Johnny Bristol Hang on in There Baby,
Johnny Bristol, 1974
マーヴィン・ゲイとタミー・テレルの“Ain’t No Mountain High Enough”をはじめ数多くのヒット曲で、1960年代からプロデューサーとしての地位を確立していたJohnny Bristol(ジョニー・ブリストル)。30代半ばになって、満を持して発表したのが、このデビューアルバム“Hang on in There Baby”。

すでに実力は証明済みだったので、派手さはないものの、どの曲も非常にレベルが高く、聴けば聴くほどじわじわと良さを実感できる極上ソウルが収録されている。

ソロアーティストしてのジョニー・ブリストルは、メロウさが持ち味で、AORの先駆けのようなイメージがあるが、この作品では、70年代初期のデトロイトの香りも残しており、青さと熟成のバランスが非常にいい。

代表曲といえばやはり大ヒットしたA2のタイトル曲だろう。この曲やA4“You And I”の浮揚感は他のアーティストではなかなか味わえない。質的には70年代初期のソウル界を代表する一曲だ。続く“Reachin’ Out For Your Love”は、Tamiko Jones(タミコ・ジョーンズ)のバージョンがヒットしているが、ジョニー・ブリストルの方が数段素晴らしい。

70年代のメロウソウルを探しているのなら、ジョニー・ブリストルは絶対に外せないうちのひとり!

Producer: Johnny Bristol
1974年





Hang on in There Baby - Johnny Bristol
関連アーティスト