Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Tavares / CHECK IT OUT

明るさと哀愁が共存する味わい系ソウル

タバレス Check It Out,
Tavares, 1973
“It Only Takes a Minute”や“Heaven Must Be Missing an Angel”のディスコのイメージが強烈なタバレスだが、このデビューアルバム“Check It Out”では、かなり本格的なソウル・ヴォーカルを聴かせてくれる。

デビューアルバムといっても彼らの場合、活動開始が1959年であり、しかも兄弟によるグループなので、息の合ったハーモニーは当然。ディープなBilly Preston(ビリー・プレストン)作の“Little Girl”から、明るいポップな“Let’s Make the Best of What We Got”のような曲まで、そつなくこなしている。

オススメはバラードのA2 “Stranger in Dark Corner”、A4 “Check It Out”、B4 “I’m in Love”の3曲。後のタバレスにつながるような明るいA1 “If That’s the Way You Want It”やA5 “Wish You Were With Me Mary”も気持ちいい。

プロデュースがジョニー・ブリストルなので、明るさの中にどこか切なさも感じ、味わい深い落ち着いたサウンドに仕上がっている。

Producer: Johnny Bristol, Tavares
1973年





Stranger in Dark Corner - Tavares
関連アーティスト