Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Tom Tom Club / TOM TOM CLUB

ブラック・ミュージックと相思相愛のかわいいファンキー白人ユニット

Tom Tom Club Tom Tom Club,
Tom Tom Club, 1981
ニューヨークのパンクシーンから登場したTaking Heads(トーキング・ヘッズ)のベースTina Weymouth(ティナ・ウェイマス)とドラムのChris Frantz(クリス・フランツ)によるユニット。トーキング・ヘッズのリズム隊であると同時に、ふたりは夫婦でもある。

トーキング・ヘッズが1980年の“Remain In Light”でアフリカ音楽に傾倒していたように、当時メンバーの音楽的関心は完全にブラック・ミュージックに偏っていた。この1981年のデビュー作でも、レゲエやダブ、ヒップホップの影響を強く感じる。(歌詞の中にも、カーティス・ブロウ、ジェームス・ブラウン、ジョージ・クリントン、ブーツィー・コリンズ、スモーキー・ロビンソン、ボブ・マーリー、スライ&ロビー等、スーパースターの名前がたくさん登場する。多分ボハノンも?)

トム・トム・クラブが影響を受けたヒップホップ界からは、すぐに反応があった。Grandmaster Flash & the Furious Five(グランドマスター・フラッシュ&ザ・フューリアス・ファイヴ)が、“Genius of Love”をそのままパクったのだ(サンプリングではなく、ほぼ原曲をそのまま再演奏して、ヒップホップ・バージョンとして作り替えた)。この曲はマライア・キャリーも1995年に「ファンタジー」で取り上げているので、マライヤのバージョンで初めてトム・トム・クラブのことを知った人も多いだろう。

ロンドンではThe Pop Group(ポップ・グループ)、ニューヨークではトーキング・ヘッズやトム・トム・クラブがファンクを導入したことにより、その後、白人がブラック・ミュージックを演奏することは当たり前になった。

Producer: Steve Stanley
1981年





Genius of Love - Tom Tom Club
関連アーティスト