Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

James Brown / IN THE JUNGLE GROOVE

神のグルーヴを堪能できる超絶編集盤

ジェームスブラウン In the Jungle Groove,
James Brown
ジェームス・ブラウンがそのグルーヴを完成の域にまで高めた1969年から1971年の録音のなかから、著名な選者Cliff White(クリフ・ホワイト)が最もファンキーな曲を厳選・再編集した超極力盤。

いわゆるオリジナルアルバムではないが、ジェームス・ブラウンが神懸かっていた時期のグルーヴを体感するのにこれ以上ピッタリな作品はない。元々DJ向けに編集されたものなので、とにかく全編JBグルーヴの嵐なのだ。

ギターのカッティングとサックスのシンプルな掛け合いが印象的な“It’s a New Day”に始まり、ブレイクビーツ用のオマケまでついた“Funky Drummer”。3曲目はBootsy Collins(ブーツィー・コリンズ)のベースとClyde Stubblefield(クライド・スタブルフィールド)のドラムが凄まじいビートを生む“Give It Up Or Turnit a Loose”のリミックス。続く“I Got to Move”も“Give It Up…”と同じメンバーで演奏されているが、音の絡みがより味わい深い。

6曲目の“Talkin’ Loud & Sayin’ Nothing”からは、70年前後を象徴するようなBobby Byrd(ボビー・バード)とジェームス・ブラウンの掛け合いが始まる。そしてふたりが頂点に達するのが、おなじみのフレーズが繰り返される“Get Up, Get Into It and Get Involved”だ。

とにかくこのアルバムは余計なことを考えず、グルーヴに身を曝して大音量で聞くことをオススメする。





It's a New Day - James Brown
関連アーティスト