Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Otis Redding / OTIS BLUE

ソウル界の金字塔的作品

オーティス ブルー Otis Blue,
Otis Redding, 1965
前年に亡くなったSam Cooke(サム・クック)に代わって、オーティス・レディングが若くしてソウル界の頂点に立った記念碑的作品。まだ20代中盤なのに、この『オーティス・ブルー』には、王様としての風格を感じる。

サム・クックへの追悼の意味があったのか、“Change Gonna Come”、“Shake”、“Wonderful World”と、オーティスのアルバムとしては最大の3曲も収録されている。そして、どれもオーティス自身の曲のように消化しており、見事な追悼作となっている。自作の“Ole Man Trouble”、“Respect”、“I’ve Been Loving You Too Long(この曲はジェリー・バトラーとの共作)”は現在ではソウルクラシックの大定番。サム・クック以外のカバー曲は、ローリングストーンズの「サティスファクション」から、B.B.キングの“Rock Me Baby”、テンプテーションズの「マイ・ガール」と非常に幅広いが、全てオーティス節でまとめられている。

このクラスのアーティストになると、語るのがおこがましい気がしてくる。必要最低限のサウンドで、多様性もあり、これ以上付け足すものが何もない完璧な作品。

Producer: Jim Stewart
1965年





I've Been Loving You Too Long - Otis Redding
関連アーティスト