Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Sam Cooke / NIGHT BEAT

ソウルの神のささやきを耳にするために訪れる聖地のような作品

サムクック Night Beat,
Sam Cooke, 1963
“Live at the Harlem Square Club, 1963”がサム・クックの熱さを表現した作品だとしたら、この“Night Beat”は、クールさを最も表した作品だ。しかし、クールといっても(当たり前だが)彼の歌声は非常にあたたかい。バンド編成が非常にスリムであり、派手なアレンジを排除している点でクールなのだ。ストリングスがなく、バックの演奏が非常にシンプルで、サム・クックのヴォーカルの機微がダイレクトに耳に飛び込んでくる。“Lost and Lookin”なんて、ほとんど彼の歌だけで構成されており、まさしく彼の歌を味わうためのアルバム作りがされている。

曲はブルースが多く、オルガンで参加しているBilly Preston(ビリー・プレストン:録音時にはまだ16歳!)が、抑え目ながらゴスペル感溢れるフレーズ連発で、ベテランミュージシャンのような味を出している。

音的には、俗に言う「ソウル・ミュージック」とは少し違うが、まさしくソウルの創造神誕生を告げる作品のひとつであり、全ソウルファンが一生のうち一度は訪れる聖地のような一枚。

Producer: Hugo & Luigi
1963年





Lost and Lookin' - Sam Cooke
関連アーティスト