Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Sam Cooke / LIVE AT THE HARLEM SQUARE CLUB, 1963

ソウル誕生の瞬間を刻んだ記念碑的ライブ・アルバム!

サム・クック Live at the Harlem
Square Club, 1963,
Sam Cooke
1963年当時、あまりにも黒人としてのサム・クックの一面が出ているため、白人市場への影響を考え、お蔵入りしたことで有名な名盤中の名盤。20年以上過ぎてようやくリリースされることになるが、その心配通り、サム・クックの熱い黒さがたっぷり注入された一枚になっている。しかし今となっては、このサム・クックの方が好きだという人は、人種を問わずたくさんいるはずだ。

この作品では黒人教会のゴスペルのように、ライブが進行する。サム・クックはとにかくしゃべりまくるのだ。曲間、曲中問わずマシンガンのようにしゃべりながら、トークと音楽とのあいだに切れ目がない。まるで牧師の説教がそのまま最高のエンターテイメントになっているかのようだ。

観客の楽しみぐあいもハンパない。今のライブだと、観客がステージに集中していないと周りから怒られることも多いが、このハーレム・スクエア・クラブでは、音楽を自由に楽しんでいる感じがする。また、サム・クックも、そんな雰囲気を感じながら、終始一貫楽しそうに歌っている。

アメリカで公民権法が成立したのが1964年のこと。このハーレム・スクエア・クラブのライブが行われた1963年では、白人社会に受け入れられた黒人が、自らのルーツを表現することが難しかった。また、一度白人に迎合したとみなされれば、黒人社会に戻ることも難しくなる。それでも恐れることなく、黒人としての自分を、素直に黒人の聴衆の前で表現したサム・クック。今の時代では想像できないくらいのプレッシャーを感じていたに違いない。そして、このライブでは、そんな彼のことを観客があたたかく受け入れている。

『ライブ・アット・ハーレム・スクエア・クラブ・1963』は間違いなくソウル史を代表する一枚。サム・クックが人種の壁をぶちこわし、ソウルの歴史を切り開いたのだ。





Bring It on Home to Me - Sam Cooke
関連アーティスト