Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Sabu Martinez / AFRO TEMPLE

人生最期にして最も凶暴

サブー・マルティネス Afro Temple,
Sabu Martinez, 1973
ニューヨーク生まれのコンガ奏者、サブー・マルティネス。1950年代からブルーノート等で数多くのラテンジャズのスタンダードともいえる名演を残しているが、本作『アフロ・テンプル』は、スウェーデンに移住していた晩年の作品。ソロとしてはこの作品が最期となった。しかし、作品としては最も凶暴でもある。

これは時代の影響が大きいのだろう。マーヴィン・ゲイやジェームス・ブラウン、スライ&ザ・ファミリーストーン、スティービー・ワンダー等、ブラックミュージックが激動していた時代に、ラテンアメリカの血を引くものとしての社会的メッセージが音楽に現れている。

サウンドとしては、パーカッショニストらしくリズムの嵐。オーガニックなリズムが淡々と続きトランス状態に持っていく様は、伝統的なキューバ音楽に通ずるものがある。

オススメはジャズとラテンとアフロが攻撃的に交わったB1“Hotel Alyssa-Soussie, Tunisia”、怒涛のドラムソロで始まるB2“Para Ti, Tito Rodriguez”、最高のブレイクビーツからおどろおどろしく展開していくB4“My Christina”。

Producer: Sabu Martinez
1973年





My Christina - Sabu Martinez
関連アーティスト