Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Ike & Tina Turner

天下無双の下品で高等なファンキー・エンターテイメント

アイク&ティナ・ターナー Dynamite!,
Ike & Tina Turner, 1963
ファンク界屈指のパフォーマー、Ike & Tina Turner(アイク&ティナ・ターナー)。そのエンターテイメントのクオリティの高さはジェームス・ブラウンをも凌ぐ。ティナ・ターナーとバックコーラス&ダンサーのIkettes(アイケッツ)のパンツ丸出しの下品で楽しいパフォーマンスはソウル史上で間違いなくダントツの一位だ。

アイク&ティナ・ターナーは、超実力派であり、かなりの数のレコードを残しているが、やはりパフォーマンスがあまりにもいいので、音源だけでどれかを選ぶのは難しい。ビジュアル抜きで彼らを語るのは、あまりにももったいない。

インターネット上でも、たくさん映像が残っているが、正式な長編映像としては、1971年、ガーナにアフリカン・アメリカン系のアーティストを招いて開催されたライヴ・ドキュメンタリー“Soul to Soul”がある。このライヴではアイク&ティナ・ターナー以外にも、Wilson Pickett(ウィルソン・ピケット)やLes McCann & Eddie Harris(レス・マッキャン&エディ・ハリス)、Santana(サンタナ)、Roberta Flack(ロバータ・フラック)、The Voices of East Harlem(ヴォイシズ・オブ・イースト・ハーレム)も参加している。

インターネット上の映像なら、彼らのパフォーマンスをはかる選択基準はひとつだ。スカートの丈が短ければ短いほど、パフォーマンスは凄くなる(下世話な意味ではなく、上品な服装のティナとアイケッツは、社会に受け入れてもらうため、抑制したパフォーマンスに徹しているため)。

彼らの衝撃を体験するためには、まず観ることからオススメする。






Ike & Tina Turner - Bold Soul Sister (1970)
関連アーティスト