Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Bar-Kays / GOTTA GROOVE

裏方から表舞台に登場した初期の好盤

バーケイズ Gotta Groove,
Bar-Kays, 1969
Stax Records(スタックス)のスタジオミュージシャンにより結成されたバーケイズ。1967年12月10日も、オーティス・レディングとともに次の公演先へと向かっていた。しかし、彼らが搭乗した自家用飛行機が墜落してしまい、オーティスとバーケイズのメンバー4人が死亡するという悲劇に見舞われた。

しかし、たまたま搭乗人数オーバーで仕方なく別の飛行機で公演先に向かっていたメンバーがいた。ベースのJames Alexander(ジェイムス・アレクサンダー)だ。こうして彼を中心に、新たなバンドとしてバーケイズは生まれ変わる。

“Gotta Groove”の頃のバーケイズの音楽はブラックロックと呼ばれており、70年代後期の彼らの代名詞的ファンクサウンドとはかなり違う。初期の代表曲としてはデビュー作に収録されている“Soul Finger”が有名だが、この2作目にも、スタックス的なサウンドにサイケデリックなムードがブレンドされた、いいグルーヴの曲がたくさん収録されている。

1曲目の“Don’t Stop Dancing (to the Music)”はモロSly & the Family Stone(スライ&ザ・ファミリー・ストーン)的なサウンドだが、オススメは60年代テイスト溢れる“Funky Thang”、“Grab This Thing”、“Jiving ‘round”や、キメキメブレイクビーツの“Humpin’”。(正直ビートルズのカバー2曲は赤面するほどのイマイチ感があるが…。)

同時期に、Isaac Hayes(アイザック・ヘイズ)の名作“Hot Buttered Soul”にもバーケーズのリズム隊は参加しており、“Gotta Groove”でもスタックスで磨いたリズムが切れまくっている。

Producer: Allen Jones
1969年





Humpin’ - Bar-Kays
関連アーティスト