Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Isaac Hayes

見た目ギャングのコツコツ努力家

アイザック・ヘイズ Hot Buttered Soul,
Isaac Hayes, 1969
いかついルックスにグラサンで、金のチェーンじゃらじゃらのスタイルは、明らかにヒップホップに大きな影響を与えているが、音楽的にはかなり地道な努力を重ねて成功した。

テネシーの田舎生まれのアイザック・ヘイズは、貧しい家庭に育った。多くのブラック・ミュージシャンと同じように幼少時に地元の教会で歌い始め、その後自己流で様々な楽器を学んでいった。

同じ州内のメンフィスに移り、Stax Records(スタックス)でスタジオ・ミュージシャンの職を得る。この頃、David Porter(デビッド・ポーター)と出会い、ふたりで多くの曲を作るようになった。Sam & Dave(サム・アンド・デイブ)の“Hold On, I’m Comin’(1966年)”、“Soul Man(1967年、全米チャート2位)”等、その他にもメンフィス・サウンドの中心を成すOtis Redding(オーティス・レディング)、Mar-Keys(マーキーズ)、Bar-Kays(バーケイズ)、Rufus & Carla Thomas(ルーファスとカーラのトーマス親子)、Booker T & the MG’s(ブッカー・T&ザ・MG's)等に曲を提供し、スタックスの隆盛に大きく寄与した。

1968年には初のソロ作を発表し、翌年にリリースした“Hot Buttered Soul”でブレイク。A2 “Hyperbolicsyllabicsesquedalymistic(何と長くてカッコいいタイトル!)”は、今聞いても錆を感じない、渋いファンクの名曲だ。

1971年には名作“Shaft(邦題:黒いジャガー)”のサントラを制作、ソロとして初めて全米1位を獲得した。この映画の成功をきっかけに、70年代には多くのブラックスプロイテーション・ムービーが制作されるようになり、ヘイズ自身も俳優業に進出し、“Tough Guys(1974年)”や“Truck Turner(1974年)”では主演とサントラの両方を手がけた。

また、2Pac(トゥーパック)やWu-Tang Clan(ウータン・クラン)、Dr. Dre(ドクター・ドレー)等、数多くのアーティストが、アイザック・ヘイズの曲をサンプリングしていることでも知られる。





Shaft - Isaac Hayes
関連アーティスト