Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Carla Thomas / COMFORT ME

「メンフィス・ソウルの女王」と呼ばれたシンガー

カーラ・トーマス Comfort Me,
Carla Thomas, 1966
メンフィスのラジオ局がスポンサーになっていた高校生のグループに、10歳の時から参加していたというカーラ・トーマス。父のルーファス・トーマスがこのラジオ局のDJだったことから、ゴリ押しで入ったらしい。Stax Records(スタックス)との契約も、父が娘のテープを持ち込み決まった。デビュー作の“Cause I Love You”もルーファスとのデュエットであり、この作品がAtlantic Records(アトランティック)のジェリー・ウェクスラーの目に止まった。誰もが知っている代表作は、オーティス・レディングとのデュエット・アルバム“King & Queen”だろう。ソウル史における彼女のポジションは、常に誰かと一緒に語られることが多かった。そのため少し軽く扱われている気がするが、カーラ・トーマスはソロでも十分ソウル史に残る作品を何枚も残しており、「メンフィス・ソウルの女王」という称号も得ている。

本作『コンフォート・ミー』は、スタックスの第一次全盛期に制作されており、バックを務めるのは、Booker T. & the MG’s、Mar-Keysのホーンセクション。完璧なメンフィス・ソウルのマナーの上で、若い彼女の歌声が爽やかに活かされている。サザン・ソウルといえば、男が熱く苦悩を歌うというイメージもあるが、若い女性の日常を歌うサザン・ソウルがあっても当然いいだろう。

カーラ・トーマスは、決して誰かの威光にすがったわけではなく、大物たちを惹き込む力があったからこそ成功したのだろう。

Producer: Jim Stewart
1966年





Will You Love Me Tomorrow - Carla Thomas
関連アーティスト