Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

McFadden & Whitehead / MCFADDEN & WHITEHEAD

最後のフィリーダンサー

マクファデン&ホワイトヘッド McFadden &
Whitehead, 1979
かつて在籍していたEpsilons(エプシロンズ)というグループが、オーティス・レディングの目に止まりプロになったマクファデン&ホワイトヘッド。エプシロンズ時代にStax Records(スタックス)からシングルを出しているが、真価を発揮するのは、コンビがPhiladelphia International Records(フィラデルフィア・インターナショナル)に移ってから。

70年代前半はソングライターとして、O’Jays(オージェイズ)の“Back Stabbers”やHarold Melvin & the Blue Notes(ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツ)の“Wake Up Everybody”をはじめ、フィリーソウルの名曲を数多く残す。

長い裏方の期間を経て、1979年になってようやく表舞台に立つことができた。シグマ・サウンド・スタジオで録音されたこのセルフタイトル作では、時代的に最後の華々しいフィリーソウルのヒット曲といえる“Ain’t No Stoppin’ Us Now”という名曲を残している。軽快なリズムとは対照的なふたりの熱い歌声が印象的。この曲はR&Bチャートで1位になり、今でもダンスクラシックスとして人気が高く、サンプリングやカバーでたくさんのアーティストに取り上げられている。フィリーらしいバラードでは、B2 “You’re My Someone to Love”もオススメ。

Producer: Jerry Cohen, Gene McFadden, John Whitehead
1979年





Ain't No Stoppin' Us Now - McFadden & Whitehead
関連アーティスト