Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Bennie Maupin / THE JEWEL IN THE LOTUS

蓮の葉に乗って浮遊する極楽トリップジャズ

ベニー・モウピン The Jewel in the Lotus,
Bennie Maupin, 1974
“The Jewel in the Lotus(蓮の中の宝石)”というアルバムタイトルがピッタリなベニー・モウピン 1974年の名作。フルートが得意なリード楽器奏者らしく豊かなメロディーを奏でながら、これまで一緒にプレイしたマイルス・デイビス、ハービー・ハンコック、マッコイ・タイナー等の精神性も受け継ぎ、非常に美しい70年スピリチュアル&アヴァンギャルド・ジャズを残してくれた。そしてリリースはドイツの名門ECMと注目ポイントがたくさん。

バックのメンバーはハービー・ハンコック絡みが多い。ハービーもピアノで参加しているが、Headhunters(ヘッドハンターズ)のBill Summers(ビル・サマーズ:パーカッション)、ハービー・ハンコック・セクステットのBilly Hart(ビリー・ハート:ドラム)、Buster Williams(バスター・ウィリアムス:ベース)、Max Roach(マックス・ローチ)のM’BoomのメンバーFreddie Waits(フレディ・ウェイツ:ドラム、マリンバ)、そして2曲だけCharles Sullivan(チャールズ・サリバン)がトランペットを吹いている。

ECMの作品らしく全編美しい曲ばかりだが、あらかじめ構築されたものではないので人間らしい隙間を感じさせる音でもある。

瞑想のお供にどうぞ。

Producer: Manfred Eicher
1974年





The Bennie Maupin Quartet featuring Hanka Rybka
関連アーティスト