Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

60〜70年代ソウル、ジャズファンクの大辞典を構築中です。スマホ対応なので外出先でもご活用を!

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Headhunters / SURVIVAL OF THE FITTEST

ハービー・ハンコックが産み落としたドス黒ファンク集団

ヘッドハンターズ Survival of the Fittest,
Headhunters, 1975
ハービー・ハンコックの代表作“Head Hunters(1973年)”のレコーディングメンバーが、そのまま結成したHeadhunters(ヘッドハンターズ)。そのデビュー作がこの“Survival of the Fittest”。この作品はハービー・ハンコックの“Head Hunters”のポップな部分を排除し、もっと黒く、ファンクさを増しており、バンドとしてのグルーヴ・エキスを濃く抽出している。

究極は1曲目の“God Made Me Funky”。Jamiroquai(ジャミロクワイ)やToo Poetic(トゥー・ポエティック)等、数多くのアーティストにカバー/サンプリングされてきたこの曲では、ベースのPaul Jackson(ポール・ジャクソン)がリードヴォーカルをとり、ゲストでPointer Sisters(ポインター・シスターズ)がバックヴォーカルを担当している。“God Made Me Funky”にドス黒感を与えているのは何と言ってもドラムのMike Clark(マイク・クラーク)。リズムボックスのように細かくタイトにリズムを刻みながら、とんでもないほどのグルーヴを生み出している。

Producer: David Rubinson, Herbie Hancock
1975年





God Made Me Funky - Headhunters
関連アーティスト