Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Herbie Hancock / THRUST

ハービー・ハンコック史上、最ドス黒ファンク

Herbie Hancock Thrust,
Herbie Hancock, 1974
Herbie Hancock(ハービー・ハンコック)には数多くの名盤があって、70年代初期から中期の他のアルバムも甲乙つけ難いくらいかなり良いが、もし最もドス黒いファンクということで選ぶならコレ。この時代のジャズ・ファンクはアナログな方法で未来と原始を直結するアプローチをとっていて、何ともいえない快感を与えてくれる作品が多い。その中でもこのハービー・ハンコックの“Thrust”は最上級のジャズファンクを提供してくれる。

バックを勤めているのはもちろん黄金期のHeadhunters(ヘッドハンターズ)の面々。 この前作が名作“Head Hunters”。ドラムのHarvey Mason(ハーヴィー・メイソン)がMike Clark(マイク・クラーク)に変わっただけで、流れはほぼ共通する。Paul Jackson(ポール・ジャクソン)のジャズミュージシャンと思えないような低く構えたベースも最高。前作の方が全体的な完成度は高いが、狂ったようなファンキーさで選ぶなら、こっちに軍配。

Producer: David Rubinson, Herbie Hancock
1974年





Palm Grease - Herbie Hancock
関連アーティスト