Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Harvey Mason / FUNK IN A MASON JAR

スーパー・ミュージシャンが集結、豪華てんこ盛りのファンキーパーティ

ハーヴィー・メイソン Funk In a Mason Jar,
Harvey Mason, 1977
Herbie Hancock(ハービー・ハンコック)の名盤“Head Hunters”や、70年代のDonald Byrd(ドナルド・バード)やGeorge Benson(ジョージ・ベンソン)の作品での演奏が有名な超人気ドラマー、ハーヴィー・メイソンのソロ第3作目。

彼自身がスーパーな存在だったが、このアルバムに参加しているミュージシャンも凄い。ギターにはアース・ウインド&ファイアーのAl McKay(アル・マッケイ)をはじめ、Phil Upchurch(フィル・アップチャーチ)、Ray Parker(レイ・パーカー)。ベースにはBrothers Johnson(ブラザーズ・ジョンソン)のLous Johnson(ルイス・ジョンソン)、EW&FのVerdine White(ヴァーダイン・ホワイト)。ホーンセクションにはTower of Power(タワー・オブ・パワー)やSeawind Horns(シーウィンド・ホーンズ)。その他にもあげればきりがないほど多くのスーパー・ミュージシャンが参加している。

A面は比較的ポップな歌もの、B面はフュージョン系の曲が収録されている。オススメは超盛り上がること請け合いのA面。一曲目の“Pack Up Your Bags”は、ヴォーカルのArt Wilson(アート・ウィルソン)という人がなかなかいい味を出している。2曲目の“Till You Take My Love”は、まるでEmotions(エモーションズ)のような、気持ちのいいダンス・クラッシクス。この曲のリードヴォーカルはローリング・ストーンズの“Gimme Shelter”でミック・ジャガーと共演したMerry Clayton(メリー・クレイトン)。

難しいことは考えず、音楽を楽しむために、自らの顔で超一流ミュージシャンを招き演奏した超贅沢なアルバム。

Producer: Harvey Mason
1977年





Till You Take My Love - Harvey Mason
関連アーティスト