Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Tower of Power / BACK TO OAKLAND

70年代西海岸を代表するブラスファンクバンド

タワーオブパワー Back to Oakland,
Tower of Power, 1974
1967年、カリフォルニア州オークランドで結成。西海岸・人種混成・幅広い音楽性等、スライ&ザ・ファミリー・ストーンとの共通性もあるが、タワー・オブ・パワーは社会的メッセージよりも、サウンド重視で現代的。

メンバーチェンジを何度も繰り返し、息の長い活動を続けているが、本作“Back to Oakland”前後の時代が黄金期。前作からリードヴォーカルがLenny Willams(レニー・ウイリアムス)に代わり、やはり「彼の声」=「タワー・オブ・パワー」という印象が強い。

このバンドの売りのホーンセクションも切れまくっている。また、もうひとつの売りのDavid Garibaldi(デヴィッド・ガリバルディ)のタイトなドラムも冴えまくっており、ファンクバンドといっても、“What Is Hip?”のようなファンキーな曲よりも、曲の展開やアンサンブルでじっくり聞かせるタイプの曲が多い。

ソウルフルな曲から時代を先取りしたフュージョン系の曲まであり、音楽的な幅の広さが、このバンドの魅力。

“What Is Hip?”収録の前作“Tower of Power(1973年)”もオススメ。

Producer: Tower of Power
1974年





Can't You See (You Doin' Me Wrong) - Tower of Power
関連アーティスト