Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Small Faces / SMALL FACES

ソウルをドライヴさせることに命をかけた4人組

スモール・フェイセズ Small Faces, 1966
ザ・フーとともにモッズを代表する存在だったスモール・フェイセズ。このデビューアルバムにも収録されている“Whatcha Gonna Do About It”や“Sha-La-La-La-Lee”のようなポップな曲と、ベビーフェイスにスーツで決めたシャレたイメージが強いが、彼らの売りはそれだけではない。

スモール・フェイセズの凄さはそのドライヴ感にある。サム・クックの「シェイク」のカバーで始まるように、彼らはR&Bやソウルに強い影響を受けている。しかし米国のブラック・ミュージックとはノリが全く違う。スモール・フェイセズは、敬愛するソウル・ミュージックを素材にして、人生を歌おうとしているのではなく、ビートをドライヴさせることだけに命をかけているのだ。それはジェームス・ブラウンの影響を受けた“Come On Children”や、マディ・ウォーターズ(ウィリー・ディクスン作)“You Need Love”の改作“You Need Loving”を聞けば明らかだ。この点においてはArtwoods(アートウッズ)とも共通する。このドライヴ感は、その後のブリティッシュ・ロックに大きな影響を与え、The Jam(ザ・ジャム)のような正統派の継承者を生んだ。そしてSteve Marriott(スティーヴ・マリオット)の激しいヴォーカルは、モッズやブラックミュージックにとどまらず、意外なことに70年代以降のハードロックの一つのひな型となった。

Producer: Ian Samwell, Kenny Lynch, Don Arden
1966年





Come On Children - Small Faces
関連アーティスト