Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Syreeta / STEVIE WONDER PRESENTS SYREETA

スティービー・ワンダー元嫁が残したドリーミーソウルの傑作

シリータ Stevie Wonder Presents
Syreeta, 1974
タイトル通りスティービー・ワンダーの全面協力により制作されたシリータの代表作。スティービーとの最初の共作は、なんとSpinners(スピナーズ)1969年の名曲“It’s a Shame”だという。本作でもスピナーズのリードヴォーカル、G. C. Cameron(G.C.キャメロン)が“I Wanna Be By Your Side”でシリータとのデュエットで参加している。

この作品の直前にスティービー・ワンダーは、Minnie Riperton(ミニー・リパートン)の名作“Perfect Angel”のプロデュースをしており、シリータの作品でもその成功体験を活かそうとしたらしい。『パーフェクト・エンジェル』と同じく、いわゆる「ソウル臭さ」はあまり感じないが、サウンドはまさしくスティーヴィー・ワンダー。70年代中期のスティーヴィーの作品のように曲間があいまいで、コンセプトアルバムのような作りになっている。シリータやミニー・リパートンのヴォーカルはソウルという規格に収まりきらないからこそ、逆に多くの人の心を惹きつけるのかもしれない。“Perfect Angel”と“Stevie Wonder Presents Syreeta”はまさしく姉妹のような作品で、その頃のスティービー・ワンダーのいわゆる3部作“Talking Book”“Innvervisions”“Fulfillingness’ First Finale”は親戚のような存在だといえるだろう。

個人的な好みでは、“Cause We’ve Ended As Lovers”から始まるB面が素晴らしいと思うが、曲のパワーでいうとA面の“Spinnin’ And Spinnin’”と“Heavy Day”か。

バックヴォーカルでミニー・リパートンとDenice Williams(デニース・ウィリアムス)が参加している。

Producer: Stevie Wonder
1974年





Spinnin’ And Spinnin’ - Syreeta
関連アーティスト