Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

S.O.U.L. / CAN YOU FEEL IT

渋くレイドバックしたグルーヴが持ち味の裏オハイオ・ファンク

S.O.U.L. Can You Feel It,
S.O.U.L., 1972
“Sounds Of Unity and Love”、略してS.O.U.L.。彼らはオハイオ州クリーヴランドのデパートとラジオ局、そして本作をリリースしたMusicor Recordsが共同主催したコンテストで1位になり、チャンスをつかんだ。

1971年発表のデビューアルバム“What Is It”は、内容的にはいいものの、収録曲のほとんどがテンプテーションズ、ハービー・マン、チャールズ・ライト&ザ・ワッツ・103rd・ストリート・リズム・バンド等のカバー曲だったため、S.O.U.L.の真の実力が発揮されたのはこの“Can You Feel It”から(カバー曲はスティービー・ワンダーの“My Cherie Amour”1曲のみ)。

S.O.U.L.の最大の特徴は、そのレイドバックしたグルーヴ。派手さはないものの、大人の渋いファンクを聞かせてくれる。その典型が1曲目のタイトル曲。A1にこんな渋い曲を持ってくるあたりに相当な自信を感じる。同タイプのA4 “Peace of Mind”も素晴らしい。ディープなソウルではB3 “To Mend a Broken Heart”がオススメ。

Producer: Richard Telmadge, Steve Feldman
1972年





Can You Feel It - S.O.U.L.
関連アーティスト