Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Impressions / THE YOUNG MODS’ FORGOTTEN STORY

60年代ソウルを完成させ、未来のために真空パックしたような一枚

インプレッションズ The Young Mods'
Forgotten Story,
Impressions, 1969
ハードボイルドな印象のジャケット写真、「モッズ」という単語、時代を先取った一曲目のあまりのカッコ良さ等のために、このアルバムの本質を取り違えてしまいそうになるが、Curtomリリース2作目となるこの“The Young Mods’ Forgotten Story”には、カーティス・メイフィールドの60年代ソウル愛が、最高食材&具多めのてんこ盛りで詰め込まれている。もちろん70年代のカーティスへと続く社会的メッセージは込められている。ところがサウンドは最先端を行くカーティスらしくはなく、同時代の他のアーティストよりもむしろ後ろ向きともいえる60年代色が強く出ている。

例えば一曲目のタイトル曲にしても、当時としてはかなり斬新なアレンジではあるものの、基本のメロディ自体はサム・クックが歌ってもいい曲になりそうなタイプ。2曲目の“Choice of Color”は人種問題に踏み込んでおり、社会情勢を反映した内容だが、ブラック・ミュージックの王道コーラス・パターンを踏み外さない。3曲目“The Girl I Find”は、カーティスがこれまでに築いたヴォーカル・テクニックを満載する。その後もこの手の曲はカーティスの定番として使われていく。60年代ソウル王道の盛り上がりを見せる“My Deceiving Heart”は、アレンジャーとして参加しているダニー・ハサウェイの香りも感じる。何でもないようにサラリと歌う“Soulful Love”にもインプレッションズらしさがふんだんに盛り込まれている。そしてラストの“Mighty Mighty (Spade & Whitey)”。これもメッセージ性の強い曲だが、60年代ソウルパーティーの締めにふさわしい、70年代に向かうためのポジティヴな曲。

エッジーなカーティス・メイフィールドはここにはいないが、とてもソウル愛に満ちて、とてもつもなく高品質な曲の数々が記録されている。カーティスは時々そういう作品を残すが、それがまたとんでもなく素晴らしいのだ!

この作品から60年代ソウルの深みにハマっていくか、それとも70年代に向かう基礎知識として楽しむか、または変革中のカーティス・メイフィールドを楽しむか、様々な楽しみ方ができるソウルの種がたくさん詰まった作品。

Producer: Curtis Mayfield
1969年





The Young Mods' Forgotten Story - Impressions
関連アーティスト