Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Slim Harpo

孤高のゆる芸を築いたブルースマン

スリムハーポ I'm a King Bee,
Slim Harpo, 1957
独特のゆる〜いブルースで人気の高いSlim Harpo(スリム・ハーポ)。デビュー前はハーモニカ・スリムという名で活動していたが、同名のアーティストがすでにいることを知って、「逆さまならいいんじゃね?」という夫人の提案で前後をひっくり返してスリム・ハーポにしたという。この辺の決め方も、音楽同様ゆるゆるだ。

しかし、その影響力や人気は絶大で、マニアに人気のスワンプ・ブルースの名門Excello Records(エクセロ)から数多くの名作をリリースしている。デビュー作は1957年の“I Got Love If You Want It / I’m a King Bee”。ヒットこそしなかったが、B面の“I’m a King Bee”はローリングストーンズやキンクス等、数多くのアーティストにカバーされ、ブルース史に残る名作となっている。ブレイクのきっかけは1961年の“Rainin’ in My Heart”。R&Bチャート17位の大ヒットとなり、彼の名が広く知られるようになった。

最大のヒット曲は1966年にR&Bチャート1位・ポップチャート16位に輝いた“Baby Scratch My Back”。オーティス・レディングも“Scratch My Back”としてカバーしている。

ちなみにライブではいつもギターを持っていたが、レコーディングではほとんど彼自身が演奏することはなく、Guitar Gable(ギター・ゲイブル)等のプロを雇っていたという。ギターに対する考え方もゆるゆるのように思われるが、意外に商品としてのクオリティを上げることを優先したビジネスマンだったのかもしれない。





Baby Scratch My Back - Slim Harpo
関連アーティスト