Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Salsoul Orchestra

ダンス・ミュージック史に残るハウスバンド

サルソウル・オーケストラ Nice ‘N’ Naasty,
Salsoul Orchestra, 1976
60年代後期からフィリーサウンド発祥の地、シグマ・サウンド・スタジオの設立に関与し、ハウスバンドでもあるMFSBで活躍したVincent Montana Jr.(ヴィンセント・モンタナ・ジュニア)。彼がGamble & Huff(ギャンブル&ハフ)と契約でもめているときに、ニューヨークのレーベルSalsoul Records(サルソウル)からの誘いを受け、レーベルのハウスバンドとして1974年に結成したのがこのSalsoul Orchestra(サルソウル・オーケストラ)。

サルソウルのレーベル・オーナーがフィリーソウル好きだったため、その中心メンバーでもあったヴィンス・モンタナをはじめ、Norman Harris(ノーマン・ハリス)、Ronnie Baker(ロニー・ベイカー)、Earl Young(アール・ヤング)、Bunny Sigler(バニー・シグラー)等を引き抜き、図々しいことにフィリーサウンドを忠実に再現するために、レコーディングはシグマ・サウンド・スタジオで行った。

オリジナルのサルソウル・オーケストラ版ではLoleatta Holloway(ロリータ・ハロウェイ)がヴォーカルの“Runaway”は、1997年にNuyorican Soul(ニューヨリカン・ソウル)にカバーされ大ヒット。このヒットにより、サルソウル・オーケストラにも注目が集まり、以来、根強い人気を得ている。

サルソウル・オーケストラが、フィリーソウルをディスコへと発展させ、それがハウス・ミュージックへとつながっていった。ダンス・ミュージックの歴史上、非常に重要なバンドといえる。





Runaway - Salsoul Orchestra featuring Loleatta Halloway
関連アーティスト