Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Steely Dan / AJA

初期衝動を貫徹して生まれた歴史的傑作

スティーリー・ダン Aja,
Steely Dan, 1977
大学時代に出会ったドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカー。二人は作曲家志望だったが、デビューが決まりスティーリー・ダンというバンドを結成することなる。デビューアルバム“Can’t Buy a Thrill”の頃はまだアメリカン・ロック色もあったが、音楽的にはどこかジャズを感じさせた。その後メンバーとの関係悪化もあり、補充のためにジャズ界の大物スタジオ・ミュージシャンを次々に起用し始める。

そして1977年に発表した“Aja(彩:エイジャ)”の時点では、実質的にスティー・ダンは大学時代の友人二人に戻り、初期の希望であった作曲家としての能力を十二分に発揮した歴史的名作を制作することができた。

バックのメンバーはジャズ界を中心に超一流ばかり。Crusaders(クルセイダーズ)のJoe Sample(ジョー・サンプル)やLarry Carlrton(ラリー・カールトン)、Weather Report(ウェザー・リポート)のWayne Shorter(ウェイン・ショーター)、ドゥービー・ブラザーズのMichael McDonald(マイケル・マクドナルド)を始め挙げればきりがないほどビッグネームが顔を揃え、しかも曲ごとにメンバーを変えるこだわりよう。

音楽のカテゴリーを語ることが虚しくなるような誰が聞いてもいいと思えるような素晴らしい作品。全体的にはメロウなイメージだが、よく聞き込むとかなり脳がヒリヒリするほど刺激的でもある。ジャズだけで育った人だと、これほど巧みにポップさと刺激をブレンドするのは難しいはず。

アルバムジャケットの和風の女性は日本人スーパーモデルの先駆け山口小夜子。

それにしてもこの二人、音楽的には文句のつけようがないが、性格的には相当悪そうな印象を受ける。しかし、それこそアーティストの必須条件であり、周りに忖度した結果、生み出された作品なんて、リスナーからしてみれば“Expensive Shit”でしかない!(フェラ・クティ的に表現してみました)

Producer: Gary Katz
1977年





Peg - Steely Dan
関連アーティスト