Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Michael Jackson / THRILLER

『キング・オブ・ポップ』の誕生を収めた作品

マイケル ジャクソン スリラー Thriller,
Michael Jackson, 1982
大人のアーティストとして新境地を切り開いた『オフ・ザ・ウォール』の路線をさらに突き詰め、マイケル・ジャクソンのキャリアを代表する作品となったこの『スリラー』。アルバムは全米チャートで37週連続1位を獲得。収録された9曲のうち、8曲がシングルとしてリリースされ、7曲がトップ10入りするという驚異的な成功を収めた。マイケル・ジャクソンという存在が社会現象にまでなったきっかけの作品でもある。

曲は『オフ・ザ・ウォール』と同じく、主にマイケル・ジャクソン、クインシー・ジョーンズ、ロッド・テンパートンが担当しているが、前作との大きな違いは、ブラック・ミュージックへのこだわりを捨てたことだろう。象徴的なのは『ビート・イット』に起用したスーパーギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンのプレイだ。マイケルの新たな面を示した『ヒューマン・ネイチャー』もロック・バンドTOTOのキーボード、スティーヴ・ポーカロの作品。『ガール・イズ・マイン』ではポール・マッカートニーとデュエットもしている。

このアルバムからマイケルはロックやポップスへとシフトしていき、その後『キング・オブ・ポップ』と呼ばれるようになっていった。

音楽面以外にも、このアルバムはミュージックビデオを有効活用した先駆けの作品でもある。特にタイトル曲『スリラー』のビデオは映像の世界でも歴史に残る名作となった。

ディスコの時代が完全に終焉し、危機感を感じたマイケル・ジャクソンが、多様な音楽にシフトする決意をしたことによって生まれた歴史的作品。

Producer: Quincy Jones, Michael Jackson
1982年





Thriller - Michael Jackson
関連アーティスト