Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Jaco Pastorius / JACO PASTORIUS

天才フレットレス奏者とサム&デイヴによる必殺フロアチューン収録

ジャコ・パストリアス Jaco Pastorius, 1976
Charlie Parker(チャーリー・パーカー)の“Donna Lee”で始まるJaco Pastorius(ジャコ・パストリアス)のデビュー作(邦題:ジャコ・パストリアスの肖像)。ベースでメロディを奏でるスタイルはこの曲ですでに完成しており、彼の音楽的なスケールの大きさを知るには十分のインパクトだ。

続く“Come On, Come Over”では一転して、Sam & Dave(サム&デイヴ)をヴォーカルに迎えたゴリゴリのジャズ・ファンク。バックのメンバーは超一流。ドラムにNarada Michael Walden(ナラダ・マイケル・ウォルデン)、キーボード Herbie Hancock(ハービー・ハンコック)、ホーンセクションはマイケルとランディのブレッカー・ブラザーズ。このアルバムでは彼ら以外にもドラムのLenny White(レニー・ホワイト)やサックスのWayne Shorter(ウェイン・ショーター)等も参加しており、若手の一ベーシストのデビュー作とは思えない面々が名を連ねている。

疾走感溢れるストリングスとジャコのベースが印象的な“Kuru / Speak Like a Child”も面白い。ジャコとハービー・ハンコックの共作であるこの曲では、二人が担当した部分がそれぞれ緊張と緩和の効果を醸し出し、最後には一体となり昇華していく。

フレットレス奏者なら“Portrait of Tracy”は必聴。彼の代名詞でもあるハーモニクス奏法をふんだんに使ったこの曲は、ベースの教科書のような曲。

ベーシストやジャズファンだけではなく、クラブ・ジャズが好きな人にも十分楽しめる奥深い作品。

Producer: Bobby Colomby
1976年





Come On, Come Over - Jaco Pastorius
関連アーティスト