Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Garland Jeffreys / ESCAPE ARTIST

ヒップホップ勃興期の近隣風景としてのロック

ガーランド・ジェフリーズ Escape Artist,
Garland Jeffreys, 1981
アフリカ系とラテン系の血を受け継ぐガーランド・ジェフリーズ。「人種のサラダボウル」ニューヨークで美術史を学んだ彼は、当然、大都会で多様な文化の影響を受けてきた。そして音楽的にもロックを中心に様々なスタイルを取り入れてきた。

ガーランド・ジェフリーズの代表作『エスケープ・アーティスト』も基本はロックとレゲエをミックスし、そこにソウルのスパイスを加えたような大都会のストリート・ミュージックだ。だが、このアルバムで描かれている世界は、ヒップホップ初期にAfrika Bambaataa(アフリカ・バンバータ)周辺の人たちが表現した世界の近隣の風景でもある。同じ世界を見ている人たちが、違う表現をしているだけだ。ターンテーブルやラップの代わりに、ガーランド・ジェフリーズは、オーソドックスなロックバンドとダブをミックスして、この時代のニューヨークを音にした。

参加しているアーティストも80年前後を代表する面々が参加している。ロック界からは、メインのバックバンドとして、ブルース・スプリングスティーンのEストリートバンドやグラハム・パーカーのルーモアのメンバーを採用。ルー・リードや元ニューヨークドールズのデヴィッド・ヨハンセン、トーキング・ヘッズやキングクリムゾンで活躍したエイドリアン・ブリューまで参加している。レゲエ界からはビッグ・ユース、デニス・ボーヴェル、リントン・クウェシ・ジョンソン等。ジャズ界からもマイケルとランディのブレッカー・ブラザーズがホーンで入っている。

そしてプロデュースはロックからダンスミュージックまで幅広く手がけたボブ・クリアマウンテン。このメンバーの音をまとめるにはふさわしい人選。

80年初期のニューヨーク愛が溢れている。

Producer: Bob Clearmountain, Garland Jeffreys
1981年





Christine (live version) - Garland Jeffreys
関連アーティスト