Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Ernie Hines / ELECTRIFIED

シカゴの風に吹かれたゆるふわサザンソウル

アーニー・ハインズ Electrified,
Ernie Hines, 1972
生まれは南部ミシシッピ州、かつてはゴスペル・グループにも所属していたヴォーカリスト兼ギタリストのアーニー・ハインズ。ギタリストとしてはブルース界の大物、Johnnie Taylor(ジョニー・テイラー)やLowell Fulson(ローウェル・フルソン)、ベーシストとしてもSlim Harpo(スリム・ハーポ)のバックでプレイ。ソロとしてのデビューアルバムである“Electrified”は、Stax(スタックス)傘下のWe Produce(ウイ・プロデュース)からリリース。これだけを聞くとかなりディープなサザンソウルを想像させるが、本アルバムでは、同レーベルのLou Bond(ルー・ボンド)やTemprees(テンプリーズ)の作品のように、メンフィス的な土臭さよりも、どこか都会的な香りの方が強く感じる。これは彼がスタックスと契約前にシカゴにいたことや、シンガーというよりも、ソングライター志向が強かったことが大きく働いているのかもしれない。

このアルバムのキラーチューンといえば、ピート・ロック&CLスムースがサンプリングして、ジョン・レジェンドがザ・ルーツと組んでカバーした“Our Generation”で決まりだが、A1 “Electrified Love”、A3 “Your Love (Is All I Need)”、A4 “What Would I Do”、B2 “A Better World (For Everyone)”のようなミドルの曲も抜群にいい。サム・クックのソウル・アンセムをカジュアルにカバーした“A Change Is Gonna Come”も、軽さが個性となって、一周回って気持ちよく感じる。

Producer: Tom Nixon, Carl Hampton, Fred Briggs, Jo Bridges, Lester Snell
1972年





Electrified Love - Ernie Hines
関連アーティスト