Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Temprees / LOVEMEN

スタックス系最甘スウィートソウル

テンプリーズ Lovemen,
Temprees, 1972
メンフィスのヴォーカル・トリオ、テンプリーズ。“Lovemen”はスタックス系のWe Produce Record(ウイ・プロデュース)からリリースされた彼らのファースト・アルバム。スタックス系としては、珍しくファルセットを武器にしたスウィートソウルがテンプリーズの持ち味。

バックを務めるのはBar-Kays(バーケイズ)とMovements(ムーヴメンツ。アイザック・ヘイズのバックバンド)を中心に、Memphis Horns(メンフィス・ホーンズ)のオマケ付きで、豪華な顔ぶれ。

テンプリーズといえばやはりスウィートソウルだが、アップテンポの曲もいい。A1 “Explain It to Her Mama”やB2 “May Baby Love”は、ノーザンソウルとして聞いても高品質。カーペンターズのカバーが有名な“We’ve Only Just Begun”も結構いける。

しかし、やっぱり聞き所はスウィートソウルの数々。そして、このアルバムのクライマックスは、これぞスウィートソウルといった趣の“Dedicated to the One I Love”。この曲もカバーソングで5 Royales(ファイヴ・ロイヤルズ)が1957年にヒットさせている。スウィートソウル・ファンならこの一曲だけでも買う価値がある。

このアルバムのタイトル『ラヴメン』は、テンプリーズ結成当初のグループ名。

Producer: Jo Bridges
1972年





Dedicated to the One I Love - Temprees
関連アーティスト