Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


True Reflection / WHERE I’M COMING FROM

スウィート&ワイルドなフィリーの裏路地名盤

True Reflection Where I'm Coming From,
True Reflection, 1973
ワシントンDC出身だが、フィラデルフィアでたった一枚のアルバムを残しただけで解散した男4人組のヴォーカルグループTrue Reflection(トゥルー・リフレクション)。フィリーソウルの本拠地シグマ・サウンド・スタジオでレコーディングされているが、その音はかなり黒い。

オススメは以下の5曲。A1“Whisper”は、ゲットーのような不穏な雰囲気の導入部とフィリー風のキャッチーなサビの繰り返しで、ヒップホップの構成に似たクールな曲。A2の“That Was Yesterday”は、柄の悪いChi-Lites(シャイライツ)のようで、彼らの実力を堪能できるスローバラード。B1の“It Really Hurts”や続く“Helpless Man”は王道フィリーソウルのスローで心地いい。ムード満点のストリングスのアレンジはRonnie Baker(ロニー・ベイカー)が担当している。B3“That’s Where I’m Coming From”は、典型的なフィリーダンサーで、このアルバム唯一のアッパーな曲だ。

一枚だけしか残していないので表舞台に出ることはなかったが、全体的に非常にハイレベルなサウンドであり、70年代を代表する裏名盤という声も高い。

リードヴォーカルのGlenn Leonard(グレン・レオナード)は、トゥルー・リフレクション解散後、Temptations(テンプテーションズ)に加入している。

Producer: Bob Burrington, Joe Blunt, Tony Lester, Willie Lester, Rodney Brown
1973年





Whisper - True Reflection
関連アーティスト