Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Tony Williams Lifetime / THE OLD BUM’S RUSH

マイルス門下生のストリート・ミュージック

トニー・ウィリアムス・ライフタイム The Old Bum's Rush,
Tony Williams Lifetime, 1972
ユニットの顔であるトニー・ウィリアムスがマイルス・デイビスの名作“In a Silent Way”完成後に彼の元を離れ結成した音楽ユニット、トニー・ウィリアムス・ライフタイム。いつもは知的かつ技術的で、70年代はジャズとプログレの中間線を漂ったトニー・ウィリアムス・ライフタイムだが、この作品では人間の感情の起伏をソウルフルかつロックに表現。その主役はヴォーカリストとして抜擢されたLaura “Tequila” Logan(ローラ・テキーラ・ローガン)。Larry Young’s Fuel(ラリー・ヤングズ・フューエル)でも名作を残し、感情を歌にのせることにかけては天下一品のローラ・テキーラ・ローガンだが、ここでのパフォーマンスも天才的。ちなみにラリー・ヤングもかつてトニー・ウィリアムス・ライフタイムの一員としてプレイしていた。

オススメはトニー・ウィリアムスとローガンの共作A1 “You Make It Easy”、A2 “What It’s About (Love and Me)”、A3 “Whatcha Gonna Do Today”の3連ちゃん。ローガンの歌は、ジャニス・ジョプリンやベティ・デイヴィスと共通する懐の大きさを感じる。ハードロックかスライ&ザ・ファミリー・ストーンかといった雰囲気の“The Boodang”もめちゃめちゃワイルドでいい。この曲は意外にもトニー・ウィリアムスとベン・シドランの共作。

いつものトニー・ウィリアムス・ライフタイムではないが、トニー・ウィリアムスの素顔が出ているような気がする。

ベン・シドランがプロデュース。

Producer: Ben Sidran
1972年





You Make It Easy - Tony Williams Lifetime
関連アーティスト