Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Terry Callier / I JUST CAN’T HELP MYSELF

音楽的才能と時代の雰囲気が凝縮したアルバム

テリー・キャリア I Just Can't Help Myself,
Terry Callier, 1973
テリー・キャリアの作品の中では、比較的ソウル色の強い“(I Just Can’t Help Myself) I Don’t Want Nobody Else”で始まる本アルバム。続く“Brown-Eyed Lady”、“Gotta Get Closer to You”も同系等の曲で非常に心地いい。前作“What Color Is Love”でアーティストとして才能を十分に発揮したので、この作品では比較的余裕ができたのかもしれない。このあたりは、“What’s Going On”をリリースした後のマーヴィン・ゲイにも少し似ている。

しかし、このアルバムで唯一のカバー曲、デューク・エリントンの“Satin Doll”から様相が一転し、テリー・キャリア劇場が開幕する。ここからはジャズ、ソウル、ブルース、フォーク、スピリチュアルな世界を複雑にミックスさせた彼にしか出せない味を堪能できる。伝統的な音楽をベースにしながらも、独自の世界を切り開いたテリー・キャリアは、ソウル史の中でも稀有な存在だ。

優しさ溢れる前半の3曲がある分、テリー・キャリアの作品としては、最も親しみやすいアルバムかもしれない。もし、まだテリー・キャリアを聞いたことがないのなら、このアルバムから聞くといいだろう。

Producer: Charles Stepney, Larry Wade, Terry Callier
1973年





(I Just Can’t Help Myself) I Don’t Want Nobody Else - Terry Callier
関連アーティスト