Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


J. J. Johnson / CLEOPATRA JONES (O.S.T.)

ジョー・サイモンが唸るエスノファンクの名曲収録

クレオパトラ・ジョーンズ Cleopatra Jones,
J. J. Johnson, 1973
Joe Simon(ジョー・サイモン)とMillie Jackson(ミリー・ジャクソン)がヴォーカルで参加したブラックスプロイテーションの名作『クレオパトラ・ジョーンズ(邦題:ダイナマイト諜報機関/クレオパトラ危機突破)』のサウンドトラック。音楽監督はジャズ・トロンボーン奏者のJ.J. Johnson(J.J.ジョンソン)。

音のイメージはワウワウ・ギター連発のIsaac Hayes(アイザック・ヘイズ)の『シャフト』に近いが、タイトルが『クレオパトラ・ジョーンズ』だけに、エキゾチックなメロディーがふんだんに散りばめられていている。J.J.ジョンソンは50年代から活躍するジャズ界の大物だが、この時期はブラック・ムービーのサントラも手掛けていた。Bobby Womack(ボビー・ウーマック)のタイトル曲が有名な“Across 110th Street”や“Willie Dynamite”も彼の作品だ。テレビドラマでは日本でもヒットした『刑事スタスキー&ハッチ』もある。

収録曲ではやはりタイトル曲の“Theme from Cleopatra Jones”が個性的。メインテーマのエキゾチックなメロディーが、ドス黒いバックに乗り、ジョー・サイモンのシャウトが唸る。ブラックスプロイテーションのサントラの中でも屈指の名曲だ。ミリー・ジャクソンの“It Hurts So Good”は、R&Bチャート3位の大ヒットとなっており、同名のアルバムもミリー・ジャクソン名義でリリースされ、彼女の代表作となっている。

1973年





Theme from Cleopatra Jones - Joe Simon
関連アーティスト