Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Billy Paul / GOING EAST

異色のフィリー「ジャズ」ソウル

ビリー・ポール Going East,
Billy Paul, 1971
フィリー・ソウルを代表する存在であり、1972年の大ヒット曲“Me and Mrs. Jones”以降は、ミスター・ラヴ・ソングのイメージもあるビリー・ポールだが、前年にリリースされたこのアルバムの彼は一味も二味も違う。

とは言ってもリリースはPhiladelphia International Records(フィラデルフィア・インターナショナル)、プロデュースはギャンブル&ハフ、アレンジにはBobby Martin(ボビー・マーティン)とThom Bell(トム・ベル)も参加しており、フィリー・ソウルの要件は十分満たしている。しかし全体的なサウンドはもっとジャズに近い。

ニーナ・シモンの影響がもろに出たドープなグルーヴのA1 “East”に始まり、ジャジーに甘くささやくバラードA3 “This Is Your Life”、フィリー版ゴスペル交響曲と呼べそうなA4 “Jesus Boy (You Only Look Like a Man)”、ビートが強調されたソウルジャズのB1 “Magic Carpet Ride”、Eugene MacDaniels(ユージン・マクダニエル)の曲でLes McCann & Eddie Harris(レス・マッキャン&エディ・ハリス)のバージョンが有名なB3 “Compared To What”とめちゃめちゃ幅が広い。“Compared To What”ではスライ&ザ・ファミリーストーンのフレーズまで登場する。

のちのイメージに近い曲は、B2 “I Wish It Were Yesterday”、ギャンブル&ハフ作のB4 “Love Buddies”、B5 “There’s A Small Hotel”の3曲。きっとギャンブル&ハフはこのラインが気に入り、次作のアルバム“360 Degrees of Billy Paul”と名曲“Me And Mrs. Jones”が生まれたのだろう。

実は彼は有名になる前に、ソウルだけではなく、ジャズやR&B、ポップスとあらゆるアーティストとの交流があった。この“Going East”はそんな彼の初期のキャリアの集大成なのかもしれない。

どの曲も素晴らしいが、ビリー・ポールの懐は底知れないほど深いので、先入観を持たずに聞くことをオススメする。

Producer: Gamble & Huff
1971年





East - Billy Paul
関連アーティスト