BLOG RSS

み冬尽く Thu., Jan. 26, 2017

一句浮かんだミニチュアブルテリア

それでは一句

み冬尽く まなびや ……我関せず「ワン!」

 




『この世界の片隅に』 Wed., Jan. 18, 2017

舌を抜かれるミニチュアブルテリア

もうすでに大評判の『この世界の片隅に』ですが、
こんなひねくれ犬でも、
この映画には打ちのめされました。

チワワのようなチビ犬には退屈かもしれません。
こっそりと猛毒も仕込まれています。
でもチビ犬もこの映画を見ておけば、
将来、何かあった時の抗体として役立つかもしれません。

以上、適当な映画感想を書いたため、
閻魔様から舌を抜かれるひねくれ犬でした。

 


『君の名は。』 Sat., Sep. 3, 2016

映画とミニチュアブルテリア

『君の名は』……え、真知子巻きの? リメイク?
『目が覚めたら泣いていた』……ん? セカチュー?
『おれがあいつであいつがおれで』……ん? 転校生?

あータグなんだ。#tag ね。
そりゃひっかかるよ、頭の引き出しどんどん開くし。

要は
『君の名は』『世界の中心で愛を叫ぶ』……的な、普遍的純愛を、
『転校生』……的な、王道ファンタジーを飛び道具に、
時間軸を
『めぐりあう時間』『メメント』『インターステラー』っぽく駆け抜ける。

なんか。軽くやられました。
このアニメーションの世界から抜け出したくない……。と。
ずっとずーっと観ていたい……。と。

好きなモチーフしか出てこないからね。もの凄く絵がきれい。

彗星落ちちゃうし、変電所爆破しちゃうし、結界越えちゃうしさ。

相対的な感覚なのね。トーキーみたいな音の入れ方も。
バンプかと思ったら、ラッドウインプスって。ふーん。そーなんだー。

感想)
手のひらに収まる『スマホ』っていうパンドラの箱。
急いでふたを閉めたけど、手に負えないような感覚にはなりませんでした。

とさ。☆

 


八月の未発表曲 Fri., Sep. 2, 2016

レックスとミニチュアブルテリア

いっしょに歩く
ただ歩く
待合せのいつもの角だよ
そのあたりにいるからね
気が向いたら来ておくれ
君と
歩きたいんだ 僕らはいつも
最初は少しヨソヨソしいけど
白い耳が見えたから
君が来てるとわかったよ
僕らは案外うまくいくね☆

 


桜満開 Mon., Mar. 28, 2016

桜とミニチュアブルテリア

遊歩道ではこの桜だけが満開でした。
残りの木は、あともう一息。☆

 


「働かないアリ」の話 Wed., Feb. 17, 2016

怠けるミニチュアブルテリア

アリといえば、いつもあくせく働くイメージがアリますが、 実はアリの群れには、怠け者が2〜3アリ位いるそうです。

不思議に思った北海道大学が調べてみると、アント驚くことに、全員が働き者の場合と、怠け者がいる群れとでは、後者のコロニーの方が長続きすることが分かったそうです。

科学のお墨付きをいただいたので、ワラクヒ、みなさんのためにも、あえて怠け者役でアリたいと思いモス。☆

参考:組織の長期的存続には“働かないアリ”が必要ーー北大研究

 


国会議員へ犬からの提言 Thu., Feb. 11, 2016

神社とミニチュアブルテリア

世の中、フリンフリンと大騒ぎですが、
犬の世界では、フリンをしても謝罪する必要もなければ、仕事を休む必要もありません。
(そもそも謝るべき犬や、休むべき仕事がありません)
人はモラルや常識にとらわれて、大変そうです。

それでも人は仕事をしなければならないようです。
議員になった人なら、世の中のモラルを保つことは、大切な仕事のうちのひとつでしょう。

フリンは、謝罪しようがしまいが、犬にはどうでもいいことです。
ただ、育児休暇だけは絶対にとってください。
育児放棄することは、犬にも劣るような、モラルに欠ける行為だからです。

まあ、辞職させられたり、奥さんから三行半を叩きつけられたら、
育児休暇をとることさえ、できなくなりますけどね…。 ☆

 


氷の世界 Thu., Jan. 18, 2016

氷とミニチュアブルテリア

「アナと雪の女王」のエルサとブルテリアって、何となく共通点がなくなくなくなくねぇ。 ☆

 


申年がしん Mon., Jan. 11, 2016

申とミニチュアブルテリア

十二支は中国由来なのに、申年は病や厄が「去る」というのは、どうも納得がいかないのでモス。
「申年がしん」なんて怖い話がわざわざ残っているのに…。
まっ、心配ばかりしてもしょうがないので、今年は猿のように賢くなれるように神様にお願いしよっと。

ちなみに中国の申年は2月8日から始まるそうです ☆

 


『スター・ウォーズ』盗作説!? Tue., Dec. 29, 2015

青空とミニチュアブルテリア

「遠い昔、はるか彼方の…」で始まる『スター・ウォーズ』。
この壮大なスペース・オペラは、ジョゼフ・キャンベルの神話論をベースに描かれているといわれています。

しかしながら、犬の視点で見ていると、どうも怪しく感じることがあるのです。
「これは何かに別のものに似てイヌのでは?」
そうです。テレビで何年にもわたり放送された人気番組『痛快!ビッグダディ』にそっくりなんです。
これはもう盗作と断言してもいいレベルです。

愛と憎しみ、別れと再会を繰り返すパターン。
あまりにもアクの強い主役級の登場人物たち。
生活の拠点を転々としながらも、力強く生きていく姿。
そして、ジェダイとシスを想起させる夫婦の闘い(どちらがジェダイかは知りませんが…)。

先日見た『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でも、しっかりと『ビッグダディ』の路線が継承されており、ワラクヒ、確信しました。これは間違いなく盗作でモス!

いや、待てよ?
『スター・ウォーズ』が最初に封切られたのは、1977年のこと。
その時は、まだ『ビッグダディ』は放送されていないはず。
ということは、『スター・ウォーズ』が盗作したのではなく、『ビッグダディ』がジョゼフ・キャンベルを引用したのでは!

謎は解けました。
『痛快!ビッグダディ』とは神話をベースにした、壮大なソープ・オペラだったのです。
つまり、宇宙か小豆島かの違いだけの姉妹作であり、いってみれば『ビッグダディ』は、『スター・ウォーズ』のエピソード10ともいえる作品なのです。

今日の空のように心がスッキリとしたので、おうちに帰って一眠りしようと思いモス。 ☆

 


シリアの石鹸 Tue., Dec. 22, 2015

西友とミニチュアブルテリア

世界が今より少しだけ穏やかだった頃、おうちの人は、遠く離れた国の食器やら化粧品やらを、インターネットで探し回ってはニマニマするのが大好きでした。

見知らぬ言葉で何やら怪しいけれど気になるそれらには、必ずと言っていいほど日本語のクチコミも添えられていて、ホント日本人ってどこにも噛んでくるなーと、ちょっぴり呆れながらも逞しく思い、そのままポチっと買う瞬間を「散財の勇気」と名付けてひとりドキドキわくわくして喜んでいました。

そんな中で唯一リピート買いしてたのが、中東シリアのアレッポで作られている大きな石鹸です。

ヨーロッパのオリーブ石鹸のように四角いには四角いけど、色も香りもずっと素朴で、ケミカルな成分が全く入ってなくて、手作り過ぎるぞこの感じは!いいじゃんいいじゃんと、おうちの人は何度も石鹸に向かってつぶやいて顔を泡だらけにしていました。

なのに今!この混沌とした世界は!

ニュースが伝えるシリアの現実は、普通の人がとても社会生活が送れるような日常ではありません。

支配と侵略の恐怖の中、アレッポの、あの石鹸工場は無事なのでしょうか?

おうちの人に早くあのニマニマした時間を返してあげて欲しいと、犬は思います。 ☆

 


犬の浅知恵:寝ると起きるものってなーあに? Fri., Dec. 18, 2015

居眠りミニチュアブルテリア

寝ているように見えますが、実は起きているのです。
犬でも人でも睡眠中に、脳の一部の神経が起動しだし、
その日あった楽しいことや、イヤなことを仕分けして、
ついでにタンパク質のバランスもチェックして、
有害なものがあれば、体外に出しちゃうのです。

適度に寝ることで、集中力が増して、脂肪も燃焼しやすくなり、
ボケにもなりにくいそうです。
でも、いくら睡眠薬を飲んでも、同じ効果はないので、ご注意を。
睡眠中に邪魔が入っても、一度元に戻っちゃうので、効果がないそうです。

要はぐっすり寝ればいいのです。
眠りこそが、どんな薬にも勝る万能薬なんです。

というわけで、ワラクヒは、このまま眠らせてもらいモス。 ☆

 


INSTAGRAM

みてる👁 #bullterrier #bully #dog #牛頭梗 #ブルテリア #miniturebullterrier #ebt

Mossさん(@mossfad)が投稿した写真 -


@mossfad





MOSS SELECT

ブルテリア(みたいないきもの)のLINEのスタンプ
おうちのひとが描きました。3歳児が描いたわけではありません…。下記のリンクかスタンプショップで“mossfad”と入力してください。
LINEスタンプ
http://line.me/S/sticker/1111382


ジミー・チューという名のブルテリアの本
インスタグラムで有名なこの犬は、本家のジミー ・チューともコラボしちゃいました。


ブルテリアが登場するディズニー映画
ディズニーには珍しく実写版。ブルテリア達がご主人様を探して旅するロードムービーです。


リサ・ラーソンのブルテリア
ブルテリア好きには定番ですね。