mossfad.jp
カルチャー ライフ ネコ目





カルチャー/アート

「表現の自由」vs「電凸軍団」

残念なことに、「美しい国」の文化庁は「電凸&脅迫」側を間接的に支援することにしたようだ。脅迫を受けた側は、国からの補助金を不交付にされた。そして、これからは国からのお墨付きを得た作品以外では、補助金を活用した展覧会を開催できなくなるようだ。もしコソコソ書類をごまかして開催までこぎつけても、…続きを読む


カルチャー/映画

新聞記者

「あの悪夢が再び舞い戻ることがないよう、しっかり勝ち抜きたい」と得意げに何度も繰り返す現職の総理大臣。あの時代は、確かに誕生したばかりでおぼつかない部分もあった。しかし国民にとって「悪夢」なんてものはなかった。むしろ政権が変わり、つまずきながらも一歩一歩、自民党の長期政権で溜まった膿を…続きを読む


カルチャー/ファッション/音楽

欲しい! デヴィッド・ボウイを模したバービー人形がリリース

2019年7月11日、バービー人形で有名なマテル社が驚きの写真を公開した。デヴィッド・ボウイが名作『ジギースターダスト』を生み出すきっかけとなった作品『スペイス・オディティ』の発売50周年を記念して、バービーにジギー風のあのメタリックな宇宙服のような衣装を着用させているのだ。…続きを読む


カルチャー/映画

海獣の子供

世の中の8割が未だ解明されていないとして、残りの2割にしがみついた常識と、煮込み過ぎた知性だけでわかった気になるなよ。と、言われた気がします。君も原子、僕も原子、犬も原子、道路も原子、ちなみに歌は玄師。…続きを読む


カルチャー/舞台

キネマと恋人

キネマと恋人、世田パブで再演!
『カイロの紫のバラ』と『ギター弾きの恋』を捕物帖的にオマージュしたようなエンタメ作品。梟島の訛りもバリンコ楽しかったけど、…続きを読む


ライフ/社会

著名人お下劣発言備忘録

あまりにもめまぐるしく展開するネット社会では、有名人の明るいキャラにごまかされ、その人物の本質を見逃しがちになる。見た目の親しみやすさに騙されないよう、Twitter上で見かけた「これはひどいな」と感じた著名人のツイートをこれから記録することにする。
「ほんとそんな時間あったら働いて納税しろや。税金泥棒め。」…続きを読む

GROOVE

トム・ヨークがアメリカのテレビに出演しライヴパフォーマンスを披露。


Thom Yorke: Tomorrow’s Modern Boxes – Twist & Dawn Chorus

LIST