mossfad.jp
カルチャー ライフ ネコ目

CULTURE

カルチャー/映画

アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン

神はどこに存在するのか

犬はいつもそこにいる。
何も要求せずただそこにいる。
人の温もりを感じればクッションを持参して車座の一員となる(ウチの場合)。
犬と暮らせば、誰もが神を感じる瞬間があるだろう。…続きを読む


カルチャー/映画

シン・エヴァンゲリオン劇場版

ド素人による「シン・エヴァンゲリオン」雑感

我輩はド素人である。まだテレビ版は見たことがない。最初の2、3話は見たのだが、正直のめり込めなかった。それから何年かして、なんとなくAmazon Primeで「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を見てみた。まあまあ面白かった。すぐに「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を…続きを読む


カルチャー/文学

『ガリヴァー旅行記』ジョナサン・スウィフト


とにかくこの男は懲りない。子供も読む本なだけに結構楽しげな調子で物語は進行するが、ガリヴァーは毎回毎回かなり酷い目にあっている。それなのに、母国に戻るとまた能天気なロシアンルーレットのような運任せの旅を繰り返す。 『ガリヴァー旅行記』が初めて出版されたのは1726年。当時はまだフランス革命も起きておらず、アメリカ独立宣言も数十年後のこと。イギリスは立憲君主制が定着し、産業革命…続きを読む


カルチャー/アート

長谷川等伯「松林図屏風」


究極のミニマリズム。シンプルなのに立体。明らかに具象的なのに、どうしても抽象的に理解したくなる。禅における円相を松林に見立てて一気に描き上げたとも受け取れる。 見るものに様々な感情をもたらす長谷川等伯の「松林図屏風」。一生に一度は現物を見たかったので、ほぼこの作品を見るためだけに、上野の東京国立博物館「桃山:天下人の100年」を訪問した。通常なら有名作品の前はパンダ以上の…続きを読む

GROOVE

中納良恵と折坂悠太ってありえないぐらい最高のデュオ。背伸びしない等身大の美しい日本の歌。少し入るギターもいい。


中納良恵『待ち空 feat. 折坂悠太』

関連記事

mossfad.jp