mossfad.jp
カルチャー ライフ ネコ目





CULTURE

カルチャー/音楽/政治

戦う日本のミュージシャン

インディーズ時代には過激さを売りにしていても、一旦成功すると、一国民であることを忘れたかのように、全く政治的発言をしなくなる日本のミュージシャン。最近では「音楽に政治を持ち込むな!」なんて、話にならないような意見も聞こえる中で、メジャーな存在でありながら、リスクを恐れず発信した日本人ミュージシャンをここに記録しておく。…続きを読む


カルチャー/映画

主戦場

イメージ・フォーラムに到着した時には、すでに行列ができていた。幸いネット予約を済ましていたので、列の間をすり抜け、チケットを発券、劇場のある地下へ向かう。座席を探してスクリーン近くまで行くと、隣の席にはPCを広げて半笑いで何かを熱心に入力している男性が座っていた。あまりいい気持ちはしなかったが、…続きを読む


カルチャー/映画

マックイーン:モードの反逆児

ハイファッションに関心のある人ならアレキサンダー・マックイーンが悲劇的な死を遂げたことは知っているだろう。この映画は、死に向かって進行するのだが、彼が闇の世界に足を踏み入れたのは、人生の最期だけではなかった。ファッション・デザイナーとしてデビューしたその時から、彼の最も大きなモチーフの一つは、ファッション界…続きを読む


カルチャー/アート

九十九里にバンクシーが!?

2018年10月5日、ロンドンのオークションハウス「サザビーズ」で、1億5千万円以上の値が付いた直後に、シュレッダーにかけられズタズタに切り裂かれたことで有名になったバンクシーの代表作「風船と少女」。このハート柄の風船に手を…続きを読む


カルチャー/映画

ブラック・クランズマン

スパイク・リーはいつも怒っている。オン・オフ問わずに怒っている。そして、いつもわざと人目につくように怒っている。今年のアカデミー賞で『グリーンブック』が作品賞を獲得した時には、式をぶち壊すぐらいの勢いで…続きを読む

GROOVE

何言うとんじゃい!って感じのフローに、めちゃめちゃ気持ちいい入浴感。攻めたいガス会社のCMに使えそう。


U-zhaan & Ryuichi Sakamoto feat. 環ROY × 鎮座DOPENESS / エナジー風呂 (Energy Flo)


関連記事

mossfad.jp