Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

T.S.U. Toronadoes

大ヒット曲の呪縛から逃れられなかった名ハウスバンド

T.S.U. Toronadoes A Thousand Wonders,
T.S.U. Toronadoes
テキサス・サザン大学 (TSU)出身で、ゼネラルモーターズの最新車『トロネード』好きのメンバーによって結成されたT.S.U.トロネードス。当初は地元ヒューストンにやって来るChi-Lites(シャイライツ)Barbara Acklin(バーバラ・アクリン)、Etta James(エタ・ジェイムス)等、ソウル界の大物たちの公演のバックを務めていた。

T.S.U.トロネードスといえば、Archie Bell & the Drells(アーチー・ベル&ザ・ドレルズ)の名曲“Tighten Up”の独特のグルーヴが有名。“Tighten Up”は元々ヒューストンのレーベルOvide(オヴァイド)からリリースされており、T.S.U.トロネードスは、このレーベルのハウスバンドだった。この曲は最終的に、大手アトランティック・レコードから配給され、1968年のビルボード・チャートで1位を記録している。日本ではイエロー・マジック・オーケストラのカバーの方が有名かもしれない(YMOはこの曲でSOUL TRAINにも出演している)。

T.S.U.トロネードスは単なるバックバンドではなかった。彼ら名義でもかなりいい曲を残している。アーチー・ベル&ザ・ドレルズのアルバム“Tighten Up”に収録されている“A Thousand Wonders”もT.S.U.トロネードスの曲で、彼ら自身のヴァージョンのシングルもリリースされている。

“Getting the Corners(1968年)”では、“Tighten Up”のフレーズの一部が使われている。ダンサブルないい曲だが、彼らがいかにレコード会社から、“Tighten Up”のイメージを強制されていたかが想像できる。

ヴォーカルものの“Got to Get Through to You(1969年)”も、タイトな演奏とゆるゆるの歌のアンバランスさに心惹かれる。このシングルの“The Goose”も、曲の雰囲気がやはり“Tighten Up”にそっくりだ。

Stax Records(スタックス)のVolt(ヴォルト)からリリースされた“My Thing Is A Moving”や“Play the Music Toronadoes”もオススメ。

どれも素晴らしい演奏なのに、大ヒット曲の呪縛に囚われ、彼ら自身がスターになることはなかった。どの曲を聞いてもどこかに“Tighten Up”を感じるところに、スターを支える裏方の悲哀を感じる。






Getting The Corners - The T.S.U. Toronadoes
関連アーティスト