Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Sylvester

あらゆる偏見をぶち壊したディスコ界のサム・クック

シルベスター All I Need,
Sylvester, 1982
映画監督ジョン・ウォーターズはSylvester(シルヴェスター)のことを「LSDまみれのビリー・ホリデーとダイアナ・ロス」と呼んだ。それほど刺激的で素晴らしいという褒め言葉だが、1970年代のアメリカは、ゲイやアフリカ系米国人に対して、この映画監督ほど寛容ではなかった。本人は嫌がっていたが、両性具有的な派手な服装から初期の「ドラァグ・クイーン」のひとりとしても有名である。また、晩年はエイズとも闘い、この病気を認知してもらうために、車いすでパレードにも参加した。彼は、少数派であることに引け目を感じず、すべてを公にして、ポップスターの地位を勝ち取った、当時としては数少ないアーティストだった。

サンフランシスコを拠点として活動し、地元では有名な存在だったシルヴェスターが、一躍全米に知られるようになったのが、1978年“You Make Me Feel (Mighty Real)”の大ヒットだった。その後も“Do Ya Wanna Funk(1982年)”等のヒットが続き、「ディスコの女王」と呼ばれるようになる。ちなみにシルヴェスターのバックで歌っていた大柄な女性ふたりのコーラスが、後に“It’s Raining Men(1982年)”の大ヒットを飛ばすWeather Girls(ウェザー・ガールズ)となる。

Sam Cooke(サム・クック)が人種の壁をぶちこわし、ソウルの歴史を切り開いたように、シルヴェスターはゲイへの偏見をものともせず突き進み、それをエンターテイメントとして昇華させた先駆者といえる。彼の映像を見れば、どれだけ多くの人たちに影響を与えたかは、すぐに想像がつくだろう。





You Make Me Feel (Mighty Real) - Sylvester
関連アーティスト