Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Stephanie Mills / STEPHANIE

ヒット連発のディスコ・ディーバ

ステファニーミルズ Stephanie,
Stephanie Mills, 1981
安定したヴォーカルワークと個性的でキュートな声の持ち主のステファニー・ミルズ。プロデューサーのMtume(エムトゥーメ)& Reggie Lucas(レジー・ルーカス)コンビのタイトなサウンドとの相性も良く、全曲シングルカットしてもヒットしそうなほどポップな曲の連続。ソウル・ミュージックとして聞こうとすると物足りなさを感じるかもしれないが、80年代になってブラックミュージック全体が洗練されていったことが、ステファニー・ミルズにとってはいい方向に動いた。彼女は米国での評価と日本での評価のギャップが激しいアーティストの一人だが、この親しみやすさこそが、ステファニー・ミルズ最大の魅力(カリスマ好きの日本人にはあまりアピールしないのかもしれないが…)。

ちなみにA2 “Two Hearts”では、当時フェロモンをまき散らしまくって、まだ元気だったTeddy Pendergrass(テディ・ペンダーグラス)とのデュエット。バック・ヴォーカルでは大ブレイク寸前のLuther Vandross(ルーサー・ヴァンロドス)も参加。

Producer: James Mtume & Reggie Lucas
1981年





I Believe In Love Songs - Stephanie Mills
関連アーティスト