Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Sade / LOVE DELUXE

トータル美学の頂点を極めた作品

シャーデー Love Deluxe,
Sade, 1992
彫刻のように美しい女性ヴォーカリスト、シャーデー・アデュのイメージを前面に打ち出したシャーデー。音楽的にはかなり渋い路線を狙ったにもかかわらず、華やかなルックスも手伝いデビューアルバム“Diamond Life”からいきなり大成功を収めた。この“Love Dexluxe”は彼らの4作目であり、シャーデーの世界観の頂点ともいえる作品。

シルキーなジャズとソウルをミックスしたサウンドが売りのシャーデーだが、「ラヴ・デラックス」では、そのカテゴリーから飛び出し、透明感溢れる上質なポップスを作り上げている。シャーデー・アデュも洗練さを増し、このアルバムでは神々しさと同時に近未来的なメタリックさも漂わせている。ヒットした“Kiss of Life”は、マーヴィン・ゲイの“Let’s Get It On”をより上品に磨き上げてポップスにしたようで、ポップス・ファンとソウル・ファンの両方にウケがよさそう。また、リズムの引用も複雑になり、一曲の中にジャズ、ソウル、ラテン、レゲエ、アンビエント、デジタルなビートが絶妙なミックスで配合されている。どの要素も極端には前面に出ていないので、古さ(時代性)をあまり感じさせない。Roxy Music(ロキシー・ミュージック)の“Avalon”にも似た恍惚感もある。

中でも一番のオススメは、大ヒット曲“No Ordinary Love”。シャーデーが得意とするストイックなポップスが凝縮されている。

Producer: Sade
1992年





No Ordinary Love - Sade
関連アーティスト