Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

100 Proof Aged IN Soul / 100 PROOF

前作とは一転、いぶし銀のようなセカンド

100プルーフ 100 Proof,
100 Proof Aged In Soul, 1972
70年代デトロイト・ソウルの傑作“Somebody’s Been Sleeping In My Bed”をリリースした後、かつてFalcons(ファルコンズ)にも在籍していたJoe Stubbs(ジョー・スタブス。フォー・トップスのリード・ヴォーカル、リーバイ・スタブスの弟)が、グループを離れ、Steve Mancha(スティーヴ・マンチャ)を中心に制作されたセカンド・アルバム。しかし元々マンチャは、デトロイトで有名なシンガーだっただけに、このセカンドでもワンハンドレッド・プルーフ・エイジド・ソウルの違う魅力を引き出している。

一言で表すとファーストよりも非常に渋い。時にはサザンソウルのようにも感じるスティーヴ・マンチャの熱いヴォーカルに、Chairmen of the Board(チェアメン・オブ・ザ・ボード)のGeneral Johnson(ジェネラル・ジョンソン)を始め、Invictus/Hot Wax(インヴィクタス/ホット・ワックス)の洗練されたアレンジがなされ、70年代デトロイト・ファンにはたまらない仕上がりとなっている。変わったところではビー・ジーズの“Words”や、ソフト・ロックバンド、アソシエイションの“Never My Love”も取り上げている。根っからのソウルファンには許されないかもしれないが、デトロイトらしい懐の深さで、なかなかのセンスだと思う。

ワンハンドレッド・プルーフ・エイジド・ソウルを語るときに、あまり出てこないセカンドだが、聞かずにいるのはあまりにももったいない高品質な作品。

Producer: Ron Dunbar, General Johnson, Greg Perry
1972年





Since You Been Gone - 100 Proof Aged In Soul
関連アーティスト