Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Natural Four / HEAVEN RIGHT HERE ON EARTH

シカゴらしいほろ苦グルーヴが心地いいヴォーカルグループ

Natural Four Heaven Right Here
on Earth,
Natural Four, 1975
リード・シンガーのChris James(クリス・ジェームス)を中心とするカリフォルニア出身の4人組で、地元のマイナーレーベルからシングル盤をリリースしており、1970年にはABC Recordsからデビューアルバムを発表している。

この“Heaven Right Here on Earth”は、Curtis Mayfield(カーティス・メイフィールド)のCurtom Records(カートム)からリリース。カートム移籍後の、この作品と前作の“The Natural Four”の頃が、Natural Four(ナチュラル・フォー)の絶頂期とされている。シカゴに移ってから、クリス・ジェームス以外の3人は総入れ替えとなっており、この作品の頃には、完全にシカゴ・マナーを身につけている。

ナチュラル・フォーは、カーティス・メイフィールドの流れを汲むようなシカゴらしい曲で、最も力を発揮する。この作品のA1タイトル曲は、大人っぽいリズムの刻み方が気持ちいい。A3の“Count On Me”も同タイプのメローなグルーヴ。A4の“Baby Come On”は、曲調といい、声質といい、まるでカーティスが歌っているようだ。この曲だけはJoseph Scott(ジョセフ・スコット)が曲とプロデュースを担当。彼はカーティスのバンドのベーシストだったため、これほどサウンドが似たのだろうか。Leroy Hutson(リロイ・ハトソン)作のラスト“While You’re Away”は、正調シカゴバラードといった雰囲気で、アルバムを締めくくるのにふさわしい曲だ。

曲によって若干バラツキはあるが、実力は申し分なく、70年代のシカゴを語るとき、忘れることのできないヴォーカルグループのひとつが、このナチュラル・フォーだ。

Producer: Leroy Hutson, Joseph Scott, Quinton Joseph, Rich Tufo
1975年





Heaven Right Here on Earth - Natural Four
関連アーティスト