Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Napoli Centrale / NAPOLI CENTRALE

イタリアン・ジャズロックの雄

ナポリ・チェントラーレ Napoli Centrale,
Napoli Centrale, 1975
60年代後半にイタリアで人気のあったポップなShowmen(ショウメン)のメンバーで、一人ソウルフルなサックスを吹いていたJames Senese(ジェームズ・セニーズ)と、ドラムのFranco Del Prete(フランコ・デル・プレト)を中心に結成されたイタリアン・ジャズロック・バンド、ナポリ・チェントラーレ。

このアルバムで最も心を奪われるのは、フランコ・デル・プレトの精密機械のようなドラム。代表曲“Campagna”等のグルーヴは、同時代にMike Clark(マイク・クラーク)が参加していた頃のHerbie Hancock(ハービー・ハンコック)に近い感じもするが、イタリアン・テイストのラテンフレーバーや、時にはアフロも混じるところに個性を感じる。ワイルドなサックスと激しいドラムをつなぐMark Harris(マーク・ハリス)の浮遊感漂うエレピも効果的。ジェームズ・セニーズの熱いヴォーカルにロックを感じるが、歌がなければ完全にジャズファンク。

ナポリ・チェントラーレは、アルバムによってスタイルがかなり変わるが、このデビュー作が最もファンキー。

Producer: Napoli Centrale, Paul Nunn
1975年





Campagna - Napoli Centrale
関連アーティスト