Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Stanton Davis’ Ghetto/Mysticism / BRIGHTER DAYS

精神世界をポップに描いた曼荼羅のようなジャズファンク

スタントン・デイヴィス Brighter Days,
Stanton Davis’
Ghetto/Mysticism, 1977
70年代には主に理論派のジャズピアニストGeorge Russell(ジョージ・ラッセル)の作品に、80年代には感覚派のLester Bowie(レスター・ボウイ)の作品によく参加していたスタントン・デイヴィス。本作『ブライター・デイズ』はちょうどその中間時期の作品であり、音的にも理論と感覚のちょうど中間地点にいる。

ユニット名のスタントン・デイヴィス・ゲットー/ミスティシズムの意味するところはよく分からないが、元々、研究者的側面の強いスタントン・デイヴィスが「ゲットー」と「神秘主義」という単語を使っていることから、感覚や本能のような精神的部分を知性で深く切り開こうとしているのは、音を聞けば理解できる。

しかしながらタイトルは『ブライター・デイズ(明るき日々)』。ここではサイケデリックな迷宮世界に向かうのではなく、天上世界か未来を感じるジャズ・ファンクが多い。スペーシーなギミックがあちこちにあるので、もしかしたらアフロ・フューチャリズム的なテイストも混じっているのかもしれない。

ボストンを中心に活躍したローカルな存在だったらしいが、音の幅も広く、スパイスとしてスピリチュアル感を用い、知性で表現した洗練されたサウンド。

Producer: Stanton Davis
1977年





Things Cannot Stop Forever (Poon Tang Tally-Wacky) - Stanton Davis’ Ghetto/Mysticism
関連アーティスト