Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Soul Generation / BEYOND BODY AND SOUL

挫折にくじけなかった強さを併せ持つスウィートソウル

ソウル・ジェネレーション Beyond Body And Soul,
Soul Generation, 1972
ハイトーン・ヴォイスが印象的なCliff Perkins(クリフ・パーキンス)を中心としたヴォーカル・カルテット、ソウル・ジェネレーション。スウィート・ソウル・ファンなら、決してコレクションから外せないグループだ。

デビュー前から、ディープなR&Bミュージシャン、Doc Bagby(ドク・バグビー)や、そのツテで知り合ったBen E. King(ベン・E・キング)にも気に入られセッションを重ねていたようだが、結局デビューには至らず、メンバー脱退の挫折も経験する。しかし、新メンバーの紹介で知り合ったPaul Kyser(ポール・カイザー)がソウル・ジェネレーションに幸運をもたらした。彼が書いた“Body & Soul”という曲の出来があまりにも良かったのだ。レコード会社への売り込みを積極的に行おうと、メンバーの結束は再び固まった。だが、これも結局どのレコード会社からもいい返事をもらえず、成果は出すことはできなかった。

それでも彼らは再び挫折から立ち上がる。ソウル・ジェネレーションを売り込むためにEbony Sounds Records(エボニー・サウンズ・レコーズ)という自主レーベルを設立したのだ。結果的にこの決断が功を奏し、『ボディ&ソウル』はソウル・ジェネレーションの代表曲として歴史に残ることになった。

「どこまでできるか試してみたかった」と後にクリフ・パーキンスは語っている。グループ結成当初から挫折は予測していたのだ。それでも彼は活動を止めず、ソウル史に残るような名作を残した。その後も彼の挑戦は続き、表舞台からは遠ざかっても、地方の小さな舞台で活動を続けた。

このアルバム『ビヨンド・ボディ&ソウル』のバックには、ピアノでJoe Sample(ジョー・サンプル)、ベースにChuck Rainey(チャック・レイニー)、ドラムにPaul Humphrey(ポール・ハンフリー)等のソウル系ジャズの一流どころが参加しているのも聞きどころ。

スウィート・ソウルだけが目当てで聞くにはもったいない一枚。

Producer: Paul Kyser, Stan Vincent
1972年





In Your Way - Soul Generation
関連アーティスト